関西有名高校国公立大医学部合格者数ランキング2018

関西圏の有名高校の医学部合格者数ランキングは
上位10位以内はすべて中高一貫の私立がランクイン。
すべて偏差値70以上の各県のトップ校がランクインしており、
公立高校は1校もランクインしなかった。

  • 1位 洛南(京都) 94名
  • 1位 灘(兵庫) 94名
  • 3位 四天王寺(大阪) 61名
  • 4位 東大寺学園(奈良) 58名
  • 5位 西大和学園(奈良) 54名
  • 6位 智辯和歌山(和歌山) 50名
  • 7位 甲陽学院(兵庫) 45名
  • 8位 大阪星光学院(大阪) 39名
  • 9位 白陵(兵庫) 37名
  • 10位  洛星(京都) 35名

出典

サンデー毎日2018/4/29号

スポンサーリンク

総評

上位に入った高校のうち
ほとんどの高校が昨年より医学部合格者数を増やしている。
最多は西大和の18名で2位が洛南の13名、3位が灘と四天王寺の11名。

近年中高一貫校の生徒は東大・京大よりも医学部志向の受験生が多く、
実際灘は東大合格者数で麻布に敗れており、
洛南も京大合格者数で北野に敗れている。

公立高校での最多は滋賀県トップの膳所高校の24名が最多。
2位が天王寺の22名で3位に北野の20名。

膳所は滋賀に偏差値の高い私立高校はないせいか
常に上位にランクインしているものの、
北野・天王寺は偏差値の割に医学部合格実績はやや乏しい。