九大医学部高校別合格者数ランキング2018

例年通り1位が久留米大付設、2位がラ・サールと
九州トップの2校が上位を独占。
この2校出身者で全体の3割程度を占める。

ラ・サールは昨年9名から5名合格者を増やした。

  • 1位 久留米大付設(福岡) 20名
  • 2位 ラ・サール(鹿児島) 14名
  • 3位 明治学園(福岡) 6名
  • 4位 青雲(鹿児島) 6名
  • 5位 修猷館(福岡) 5名
  • 6位 小倉(福岡) 4名
  • 6位 福岡(福岡) 4名
  • 6位 筑紫丘(福岡) 4名
  • 6位 熊本(熊本) 4名

出典 サンデー毎日2018/3/25号より一部引用

スポンサーリンク

総評

九大医学部は今年中高一貫私立が頑張っており、
トップ4はすべて私立で、ラ・サール、明治学園、青雲など
九大医学部合格者数を大幅に増加させている。

他、福岡トップの修猷館や筑紫丘、熊本トップの熊本、
北九州トップの小倉高校など常連校がランキング上位にランクイン。

九州以外からは、四国トップの愛光高校が2名、
四天王寺1名、西大和学園1名、広島学院1名、昭和薬科大付属1名、
など西日本の有名私立が合格者を出しており、
東海より東のエリアからの合格者はかなり少ない。