専修大学高校別合格者数ランキング2018

昨年4位の桜美林高校が1位に浮上。
同じく昨年6位の狛江高校が2位に。
専修は東京・神奈川の中堅~中上位の進学校が上位を占めている。

1位 桜美林(東京) 59名

2位 狛江(東京) 58名

3位 日野台(東京) 50名

3位 市ヶ尾(東京) 50名

5位 山手学院(神奈川) 45名

6位 小田原(神奈川) 39名

6位 座間(神奈川) 39名

6位 横浜隼人(神奈川) 39名

9位 南平(東京) 38名

10位  七里ガ浜(神奈川) 37名

10位  泰野(神奈川) 37名

出典 サンデー毎日2018/3/18号より一部引用

スポンサーリンク

総評

専修大の昨年の志願者数は41152人で
今年42176人と微増。

しかし合格者数は昨年9528人から今年8047人と
大幅に減少しており、倍率も4.3倍から5.2倍まで上昇。

定員厳格化の影響で例年になく厳しい入試となった。

早慶上智やMARCHのみならず、
日東駒専も軒並み今年難易度が上がっている。

来年もこの傾向が続くと予想されるので、
受験生は気を引き締めて勉強して欲しい。