東北大学高校別合格者数ランキング2018

※前期

東北大は仙台第二が例年通り今年もダントツの1位。
1位から3位まで地元宮城の公立がランクインしているものの、
4位以降は東北各県のトップ公立高校と関東の公立高校が
ランクインしており地元占有率は低い。

  • 1位 仙台第二(宮城) 98名
  • 2位 仙台第一(宮城) 58名
  • 3位 仙台第三(宮城) 46名
  • 4位 盛岡第一(岩手) 45名
  • 5位 山形東(山形) 39名
  • 6位 弘前(青森) 34名
  • 7位 県立福島(福島)33名
  • 8位 青森(青森) 28名
  • 9位 秋田(秋田) 26名
  • 9位   水戸第一(茨城)26名
  • 9位 県立浦和(埼玉)26名
  • 12位    県立長野(長野)25名
  • 13位 仙台二華(宮城)24名
  • 14位 安積(福島)23名
  • 14位 宇都宮(栃木)23名
  • 16位 新潟(新潟)22名

出典 サンデー毎日2018/3/25号より一部引用

スポンサーリンク

総評

東北大は前期で7005名が志願して2384人が合格。
競争率は2.9倍で昨年よりも若干下がっている。

ランキング上位に入った高校はすべて公立高校で、
私立では仙台育英が14名、海城が14名合格者を出しており、
それが最多となった。

他に古川学園が10名、東北学院、聖ウルセラ英智が9名合格者を出している。

東北大は特に理系学部の有名企業就職率が高く、
東大や一橋、東工大は難しくても、東北大には届きそうな
関東エリアからの受験生がかなり多い。