私立大学志願者数ランキング2018

※前期のみ

1位から7位まで昨年とまったく同じ結果となっており、
昨年10位の中央大が今年8位に浮上。
他は大きな変動はない。

近大が5年連続志願者数NO.1を達成。
ただし近大も前年比-8%とやや志願者数が減っている。

  1. 近畿大 135481人
  2. 法政大   122499人
  3. 明治大 119785人
  4. 早稲田大 117209人
  5. 日本大 105598人
  6. 東洋大 101902人
  7. 立命館大 90542人
  8. 中央大 87413人
  9. 関西大 84565人
  10. 立教大 71793人
  11. 青山学院大 62905人
  12. 同志社大 58505人
  13. 東京理科大 55857人
  14. 福岡大 47661人
  15. 龍谷大     47362人

出典 週刊朝日2018/3/2号

スポンサーリンク

総評

上位15位に入ったのは、
首都圏が10校、関西圏が4校、九州が1校と
首都圏に集中している。

昨年から最も志願者数を増やしたのがランキング30位の東京都市大で
前年比+38%、2位が 中央大の+18%、3位が立教大の+15%。

関西では26位の摂南大が前年比+14%で最も増加。
ランキング16位の京産大が前年比+6%で2位、
3位が同志社大の+4%であった。

全体的に首都圏の大学に人気が集中しており、
早慶上理、MARCHのほとんどの大学で志願者数を増やしている。