麻布・武蔵大学合格実績2018比較

●麻布高(卒業生304名)

  • 東大 98名(現役61名)
  • 京大 15名(現役7名)
  • 一橋大 13名
  • 東京工業大 14名
  • 早稲田 116名
  • 慶應      121名
  • 上智 11名

スポンサーリンク

●武蔵高(卒業生168名)

  • 東大    27名(現役18名)
  • 京大    10名(現役7名)
  • 一橋大 3名
  • 東京工業大  6名
  • 早稲田 53名
  • 慶應 48名
  • 上智  12名

出典

サンデー毎日2018年4月1日号より一部抜粋

総評

首都圏御三家の開成・麻布・武蔵。
武蔵は大学合格実績では開成・麻布にやや差をつけられている。

麻布は今年西の雄である灘高校を東大合格者数で抜き、
開成・筑駒に次いで3位に浮上。
卒業生の2割が東大に現役合格。

武蔵は卒業生の1割強が東大に現役合格している。

麻布も武蔵も全国2位の京大にも多数合格しているのが
特徴的で東大がやや厳しい受験生が
一橋よりも京大に流れていると思われる。