京大・阪大理系主な併願私大

京大・阪大理系主な併願私大

※工学部の場合

●京大

早稲田理工 21.3%

同志社理工 18.5%

慶應理工 15.2%

立命館理工 6.9%ほか

●阪大

同志社理工 29%

早稲田理工 18.2%

関西学院理 14.5%

立命館理工 13.2%

慶應理工 12.9%

関大工 6.4%ほか

 

総評

京大の併願先は理系の場合、早稲田が最も多く、
早慶と同志社が大半を占め、滑り止めで立命館まで受験する受験生が多い。

一方、阪大の理系受験生の場合、京大受験生に比べて
早慶を併願する人がやや減少し、同志社・関学・立命館を中心に
地元関関同立をメインの併願先として受験する。

神大になると、一気に早慶の受験生が減り、関関同立中心の併願となる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

ランキングに参加しています。 よかったら、ぽちっとな♪

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ