旧帝大・難関国公立大現役・浪人比率

北海道大 現役60.3%浪人39.7%

東京大  現役65.8%浪人34.2%

大阪府立大 現役66.1%浪人33.9%

九州大  現役68.1%浪人31.9%

横国大  現役70%浪人30%

東北大  現役71.9%浪人28.1%

広島大  現役73%浪人27%

名古屋大 現役76.5%浪人23.5%

千葉大  現役76.9%浪人23.1%

金沢大  現役78.1%浪人21.9%

大阪市立大 現役78.1%浪人21.9%

熊本大  現役79.1%浪人20.9%

※京大・阪大は非公表であるが、
以前のデータによると概ね3人に2人が現役入学。

総評

上記のように旧帝大で現役7割弱・浪人3割強、
東大でさえもおよそ3人に2人が現役現役合格しており、
年々浪人生の数は減少。

絶対に東大という受験生はほとんどいなくなってきており、
行ける大学へ入学する受験生が現在はほとんど。

難関国公立大はおよそ4人に3人が現役合格で、
残り4分の1が浪人となっている。