立教大学入試合格者現役・浪人比率比較

※2017年一般入試

●法学部

現役79% 浪人21%

●経済学部

現役73% 浪人27%

●経営学部

現役81% 浪人19%

●文学部

現役85% 浪人15%

●観光学部

現役86% 浪人14%

●異文化コミュニケーション学部

現役92% 浪人8%

●理学部

現役65% 浪人35%

●社会学部

現役85% 浪人15%

●現代心理学部

現役79% 浪人21%

●コミュニティ福祉学部

現役74% 浪人26%

総評

立教は文系学部は非常に現役合格率が高く、
8割は現役、2割が浪人といった割合になっている。
理系は6割5分が現役、3割5分が浪人の割合。

文系学部は早慶と比較しても1割以上現役合格率が高く、
MARCHの中でもかなり現役生の割合が高い。

理系はここ何年間は概ね65%前後が現役という割合で
大きな変化はない。

立教は女子に人気があるのも影響しており、
女子で浪人する受験生はかなり減っており、
非常に現役合格率が高い傾向にある。