京都産業大学(京産大)高校別合格者数高校別ランキング2017

昨年やや穴場だった影響で今年は隔年現象で大幅に志願者数を
増加させた京産大。

龍谷大を受験していた層が今年は京産に大分流れていると予想される。

1位 東大津(滋賀) 156名

2位 草津東(滋賀) 102名

3位 八日市(滋賀) 94名

4位 石山(滋賀) 63名

5位 金沢西(石川) 58名

6位 槻の木(大阪) 55名

7位 桃山(京都) 54名

7位 西脇(兵庫) 54名

9位 大津(滋賀) 51名

9位 莵道(京都) 51名

11位  金津(福井)ほか 50名

出典

サンデー毎日2017/3/12号

総評

京産は関西圏のみならず、石川・福井など北陸の受験生も多く集めており、
ランキング上位に数校ランクインしているのが特徴。

産近甲龍の中ではやや近大・甲南・龍谷に近年差をあけられていたが、
今年の難化により、差は大分縮まると思われる。

かつて就職の京産と呼ばれていただけに
中堅私大の中でも大手有名企業の就職実績は良く、3大メガバンクを始め、
島津製作所や任天堂など京都の超大手企業にも上位層は就職する。

偏差値以上に京産と、それ以下の大学との就職実績の差は大きいので
佛教大志望者や、大経大や摂南、追手門学院等の志望者も、もう少し頑張って
京産を目指すのが良い。

また関関同立志望の受験生も併願に京産を受験するのも賢明な選択である。