関関同立産近甲龍センターボーダーライン2017一例

関関同立産近甲龍センターボーダーライン2017一例

※経済学部

85% 同志社経済

84% 関学経済

81% 立命館経済、関大経済

78% 甲南経済

75% 近大経済

71% 京産経済

67% 龍谷経済

※河合塾2017センター試験予想ボーダーラインより

総評

センター利用においては
同志社>関学>立命・関大>甲南>近大>京産>龍谷の難易度。

センター利用においても同志社が最も難しく、
85%必要で、関西圏では京大・阪大志願者以外なかなかセンターで
合格するのは難しい。

関学も同様で、センター利用では立命経済よりかなり難しい。

神大志願者は立命・関大を狙っていきたい。

私大専願者はセンターではどこもボーダーラインが高いので、
龍谷・京産あたりを何とかセンターで合格を狙いたいところである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

ランキングに参加しています。 よかったら、ぽちっとな♪

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ