広島大学(広大)高校別合格者数ランキング2016前期

広島大学(広大)高校別合格者数ランキング2016前期

1位 基町(広島) 61名

2位 舟入(広島) 48名

3位 広島(広島) 44名

4位 広島国泰寺(広島) 40名

5位 広島大付属(広島) 39名

6位 安古市(広島) 29名

7位 ノートダル清心(広島) 27名

8位 広島学院(広島) 22名

9位 広島女学院(広島) 21名

9位 大分上野丘(大分) 21名

9位 甲南(鹿児島) 21名

12位   修道(広島) 19名

13位 倉敷青陵(岡山) 18名

14位 大分舞鶴(大分) 17名

15位 呉三津田(広島) 16名

出典

サンデー毎日2016年3月12日発売号より一部抜粋

スポンサーリンク

総評

広大の今年の合格者数ランキングは常連校で連ねていて、
昨年1位の基町が今年も堂々の1位を獲得。

2位から4位までは昨年とまったく同じ舟入、広島、広島国泰寺の順位となった。

ベスト15のうち地元広島が11校、岡山1校、大分2校、鹿児島が1校となった。

岡大に比べると地元占有率が高いが、昨年圏外の甲南高校が9位にランクインするほか
18位にも小倉高校がランクインするなど、徐々にであるが、
九州出身者も増えて来ている。

金沢大、岡山大、千葉大とともに、金岡千広と呼ばれ、
中国・四国地方では最も難しく、有名企業就職率も抜群にいい。

今年5234名が受験し2084名が合格。

競争率は2.5倍となった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

ランキングに参加しています。 よかったら、ぽちっとな♪

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ