早稲田大学(早大)高校別合格者数ランキング2016

早稲田大学(早大)高校別合格者数ランキング2016

1位 開成(東京) 283名

2位 渋谷教育学園幕張(千葉) 212名

3位 女子学院(東京) 196名

4位 湘南(神奈川) 195名

5位 麻布(東京) 192名

6位 日比谷(東京) 191名

7位 開智(埼玉) 175名

8位 本郷(東京) 169名

9位 栄東(埼玉) 168名

10位   学芸大附属(東京) 167名

10位   豊島岡女子学園(東京) 167名

12位 西(東京) 155名

13位 浅野(神奈川) 151名

14位 県立浦和(埼玉) 150名

15位 県立千葉(千葉) 148名

出典

サンデー毎日2016年3月22日発売号より一部抜粋

スポンサーリンク

総評

昨年に引き続いて早稲田は開成が1位で、合格者数も46名増加させた。

昨年4位の渋谷幕張が30名増加で2位へ浮上。

3位の女子学院も30名増加させ順位を上げ、5位の麻布高校も29名合格者数を増加、
日比谷は41名増加させ昨年10位から6位に、開智は35名増加させ16位から一気に7位まで順位を上げた。

全体的に特に私立トップ校の早大合格実績が昨年よりも上がっている傾向にある。

一方で、昨年3位の西高校が12位まで転落し、聖光学院も6位から18位まで急降下している。

現役合格実績では、2位の渋谷幕張が158名現役合格で1位、3位の女子学院が148名現役合格で2位となった。

現役合格率では山手学院高校が90.8%でトップとなった。

早大は昨年より志願者数を増加させ、10万8039名となり、志願者数は近大、明治に次いで全国第3位となった。

今年は東大後期入試がなくなったせいもあり、このように早慶などの最難関私立へ志願者が流れたと言える。

他に、合格者数ベスト30校はすべて首都圏の高校であり、
ベスト50校になってようやく愛知の旭丘や東海高校が入る。

それだけ近年の受験生は地元志向が強いことがわかる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

ランキングに参加しています。 よかったら、ぽちっとな♪

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ