奈良高・畝傍高・郡山高偏差値比較

奈良の公立御三家である奈良高・畝傍高・郡山高の偏差値を比較します。

奈良高校偏差値 73

東大2名 京大35名 阪大56名 神大46名合格

畝傍高校偏差値70

京大5名 阪大23名 神大22名合格

郡山高校偏差値68

京大2名 阪大11名 神大13名合格

スポンサーリンク

総評

奈良・畝傍・郡山で偏差値が2~3違いますが
大学合格実績を見ると、京大の合格者が奈良高がダントツで
畝傍と郡山は数名しか合格していません。

阪大神大も奈良高がダントツで畝傍郡山になると半数以下に減ります。

この差は偏差値以上に大きいので、
何としてでも京大に行きたい場合、奈良高に進学した方が良いでしょう。

奈良では公立ではこの3校が突出しており、4番目の高校になると
国公立大の合格実績にかなり差が出ます。

ですので、神大以上の国公立大に行きたい場合、
奈良畝傍郡山に入っておきたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

ランキングに参加しています。 よかったら、ぽちっとな♪

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ