県立千葉高校・県立船橋高校偏差値比較

県立千葉高校・県立船橋高校偏差値比較

県立千葉高校

●偏差値

前期75 後期73

●進学実績

2015大学合格実績

●国公立大

東大23名 京大8名 一橋大10名 東京工業大25名 筑波大9名

●私立大

早大150名 慶應91名 上智53名 東京理科大162名

スポンサーリンク

県立船橋高校

●偏差値

前期72 後期71

2015大学合格実績

●国公立大

東大12名 京大4名 一橋大9名 東京工業大9名 筑波大24名

●私立大

早大92名 慶應33名 上智39名 東京理科大105名

総評

千葉県屈指の公立進学校
県立千葉と県立船橋。

両校とも偏差値70以上あり、難易度はかなり高い。

また、両校ともMARCH以上の難関大学に卒業生の半数以上が現役で進学する。

東大は県立千葉が毎年20名前後の合格者を出し安定している。

千葉の私立進学校は高校からの外部募集が少なく、東大や一橋大などの難関大を目指すには
公立高校に進学した方が環境としてはよいと個人的に思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

ブログランキング参加中

ランキングに参加しています。 よかったら、ぽちっとな♪

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ