中央大学法学部高校別合格者数ランキング2018

中央大法学部に特化したランキングでは
麻布・開成・桜蔭・駒場東邦・学芸大付属など
トップレベルの私立・国立校が上位にズラリと並んでおり、
通常中央大合格者数ランキング上位校とはまったく違っている。

  • 1位 麻布(東京) 31人
  • 2位 開成(東京) 27人
  • 3位 東海(愛知) 26人
  • 4位 駒場東邦(東京)25人
  • 4位 湘南(神奈川) 25人
  • 6位 県立浦和(埼玉) 22人
  • 6位 学芸大付属(東京)22人
  • 6位     桜蔭(東京) 22人

出典 サンデー毎日2018/3/4号より一部引用

スポンサーリンク

総評

中央大法学部は6320人が受験し1951人が合格。
倍率が3.2倍。

東大・一橋受験生も早慶の次に中央大法学部を併願するケースも多く、
首都圏のトップレベルの進学校出身者が多い。

定員超過による私立大学補助金の交付問題で
ほとんどの私大で合格者が絞られており、
中央大法学部もやや難易度が上がっているように思われる。