ラ・サール高校東大京大合格者数推移

九州一の進学校と呼ばれるラ・サール高校の東大京大合格者数推移。

過去4か年で比較したいと思います。

東大合格者数

41名(2014年)→25名(2015年)

→44名(2016年)→40名(2017年)

京大合格者数

7名(2014年)→9名(2015年)

→10名(2016年)→5名(2017年)

参考文献 週刊朝日2017/4/7号より

総評

かつては東大合格者数で開成・灘に迫る勢いがあった
ラ・サール高校だが、近年は東大合格者数が40名前後で安定・
京大は10名弱というところ。

最も大きな理由は東大よりも医学部志向の生徒が増えたことが考えられる。

実際、国公立医学部合格者数ランキングでは
ラ・サールは近年全国ベスト5に入る。

他の理由としては、関西圏の難関私立受験生がかつては灘が厳しい場合
東大寺や甲陽学院・洛南ではなく、ラ・サール高校を受験して入学していたが、
近年は他に西大和など名門進学校が多くなったので、
ラ・サールに進学する生徒が減ったことも考えられると思う。