慶應義塾大学高校別合格者数ランキング2019

開成が東大・早稲田に引き続いて慶應でも6年連続1位を達成。
現役合格者数では2位の浅野高校が1位。

トップ3は昨年とまったく同じ顔ぶれで常連校が上位を占めている。

  • 1位 開成(東京) 181名
  • 2位 浅野(神奈川) 173名
  • 3位 日比谷(東京) 137名
  • 3位 聖光学院(神奈川) 137名
  • 5位 渋谷教育学園幕張(千葉) 125名
  • 6位 海城(東京) 116名
  • 7位 麻布(東京)     112名
  • 8位 学芸大付属(東京) 110名
  • 9位 駒場東邦(東京) 105名
  • 10位  豊島岡女子学園(東京) 103名
  • 11位  攻玉社(東京) 91名
  • 12位  城北(東京) 87名
  • 13位  栄光学園(神奈川) 86名
  • 14位  横浜翠嵐(神奈川) 84名
  • 15位  県立浦和(埼玉) 81名
  • 15位  県立千葉(千葉) 81名
  • 17位  栄東(埼玉) 79名
  • 18位  芝(東京) 78名
  • 18位 世田谷学園(東京) 78名
  • 18位  桐朋(東京) 78名

出典

サンデー毎日2019/3/31

総評

慶應は早稲田同様上位20位以内に入った高校のほとんどが
中高一貫の私立で公立高校からは3位の日比谷高校、
14位の横浜翠嵐、15位の県立浦和、15位の県立千葉、の4校のみ。
ここがMARCHなどの難関私大と大きく異なる。

今年慶應は41875人の志願者数で8113人が合格。
競争率は5.2倍。

近年受験生の地元志向がかなり強まっており、
首都圏以外からは東海高校(愛知)の40名が最多。