工学院大学高校別合格者数ランキング2019

工学院大は昨年17281人の志願者数から
今年19847人まで志願者数が増加。

合格者数は3188人で競争率も6.2倍とかなり高い。

  • 1位 平塚江南(神奈川) 38名
  • 2位 県立相模原(神奈川) 34名
  • 3位 多摩科学技術(東京) 32名
  • 4位 県立横須賀(神奈川) 28名
  • 5位 黎明館(東京) 24名
  • 6位 小平南(東京) 22名
  • 7位 所沢北(埼玉) 21名
  • 7位 昭和(東京)  21名
  • 7位 成城(東京) 21名
  • 7位 海老名(神奈川) 21名
  • 7位 金城学院(愛知) 21名

出典

サンデー毎日2019/3/24号

総評

昨年4位の平塚江南が1位、昨年1位の桐蔭学園は10位圏外に転落。
工学院大の合格者数上位ランキングは東京・神奈川の主に
中堅公立・私立進学校が上位を占めており、
唯一愛知の金城学院が関東圏以外からランクイン。

今年工学院大のみならず、芝工大、東京電機大、東京都市大の
四工大はどの大学も志願者数が増加しており、
例年以上に難しい入試となっている。

受験生の安全志向により中堅私大を志願する受験生が激増している。

工学院大は偏差値以上に就職実績も高く、この傾向は来年以降も続く可能性が高い。